年賀状には毛筆を使った手書きを

現代の世界では情報通信技術の発達により、相手が携帯電話やパソコンを持っているのであれば誰にでもメールを送ることができるようになりました。日常の何気ない会話からお祝いの一言まで、さまざまなことが一瞬で伝えられるようになったということは、人類にとって非常に良いことです。

ですがそうした状況は同時に「手紙文化の衰退」を招くことになってしまいました。
年間に出される手紙の枚数は毎年右肩下がりとなっており、これは日本の伝統文化である「年賀状」においても変わりません。

年賀状は一年の始まりをお祝いし、旧年の感謝を伝えてくれる手紙です。

メールで「あけましておめでとう」の言葉を贈る人は増えましたが、いつまでも形として残せる年賀状は非常に良いものです。
しかしより相手の記憶に残るメッセージを伝えたいというのであれば、様々なところに気を配りたいものです。

相手に対して特別な気持ちを伝える際に活用できるのが「毛筆です。
毛筆は日本の書道などで使用される伝統的な筆記具ですが、硬筆が登場してからは日常的に使用するという人が少なくなりました。

ですが毛筆で書かれた文章には硬筆には出せない味わいがあり、特別な言葉の演出にはまさにうってつけです。
毛筆で、手書きで書かれた「あけましておめでとう」の言葉は、メールでは表せない細やかな心遣いを伝えてくれる存在となるのです。

また毛筆で手書きの文字を書くということには時間がかかってくることになります。
一文字一文字を大切に書いていくというのであればなおさらのことなのですが、手書きで書かれた年賀状を受け取った相手にしてみれば「手間をかけてくれるほど自分のことを想ってくれているのだ」と感じることになります。

もちろん何十枚、何百枚と言う年賀状を出すというような場合、全ての年賀状に対して毛筆を使って手書きの文字を書くということは簡単なことではありません。
ですが本当に感謝の気持ちを伝えたい特別な存在、例えば恋人や遠く離れて住んでいる親戚、お世話になっている取引先の相手や恩師などには、気持ちを込めた手書きの年賀状を送るだけの価値があります。

手書きの年賀状を送ったことによってよりその関係が深まるということは珍しいことではないのですから、もし今まで毛筆で手書きをした年賀状を作ったことがないというのであれば、次の年賀状を出すときに試してみるというのも良いでしょう。

手紙は文字だけではなく、気持ちを伝えるためにあるものです。
人と人とのつながりは時として何よりも貴く大切なものとなるのですから、しっかりと真心を持って取り組みたいものです。

 

お役立ちサイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です