手書きの重みをしっかりと

最近は、新年初めの挨拶として年賀状を送る人も少なくなりました。元旦になった夜中の0時にメールを送るという人も多いことでしょう。
確かにメールは速くて便利なものですが、メールは誰でも同じ字体です。教科書や本、新聞と同じ活字です。印刷して字を見ただけでは、誰からのものかわかりません。個性がなくなってしまうのです。結婚式の招待状をメールでやりとりする人はいないのと同様、新年の初めの挨拶もできれば自分の字で年賀状を書いてみませんか。

せっかく手書きで書くのですから、字は毛筆で書くのがおすすめです。本格的ですし、断然重みが違います。字を書くのが得意ではないという人、毛筆は慣れていないという人は、自分の名前や相手の名前だけでも毛筆で書いてみましょう。メールで打つより、かなり緊張するはずです。でも送る人の名前を書いている時間はその人のことを考えているのですから、そのぶん心がこもった年賀状になります。

手書き、しかも毛筆で書かれた年賀状は、どの人とも同じ文章を印刷しただけの年賀状とは全く違う、重みのある1枚なのです。

Posted in 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です