毛筆を使うのは難しい

現在では、ネット経由のメールなどによる伝達手段の普及に伴い、毛筆を使う機会が非常に少なくなりました。この毛筆を使うという行為は、年賀状を作成する際に用いる事もありますが、多くの方は毛筆を使うことよりも、コンピューターを駆使して年賀状を作成することのほうが多く、その機会は非常に減っています。
この毛筆の使い方は、教育機関での書道で行う事が一般的で、墨を用いて筆の使い方を学びます。この使い方は難しいこともありますが、墨や硯により作り出される独特な書体の風情は、毛筆でしか表現できないものとなっています。
現在では、古来から伝わるこの独特な筆の使い方や、その筆の機能を十分に把握していない方々が増え、その毛筆による独特の趣は大変貴重なものとなっているのです。
年賀状の作成では、個々の心情を表現するために、効果的な筆の使い方を学ぶ必要があります。これは基本的な筆運びの強弱などのテクニックに加え、毛筆の字体に配慮し、一本の線でも太くする箇所と細くする箇所など適切に見極め、津での使い方を強調する必要があります。また、この筆の使い方では、縦の線や横の線に加え、軽く入る方法や、途中から力を入れて強弱を変える手法など、力の入れ方に加え、文字の伸ばし方や、力を抜きながら書くテクニックなども学ぶ事が重要になります。
このように毛筆を使う際には、様々なポイントを意識しながら、基本動作を行う事で、筆が定まり、きれいな字体がかけるようになるのです。
しかし、この筆の使い方を学び、線をうまく作成できた際にも、文字は複数の文字とのバランスに配慮する事が重要で、定期的な練習により筆文字の使い方とバランスを学ぶ事で、総合的なバランスを整え美しい文字をかけるようになります。このようなバランスの整った文字の配置の年賀状は、個々の心情を深く伝える為には最適な手段で、コンピューターのソフトなどでは作り出すことができない年賀状となるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です