年賀状以外の手紙にも

年賀状の宛名は、パソコンで印刷する人も増えています。
大量に送る人なら、短時間で出来上がるパソコンは便利です。
しかしパソコンで印刷した文字には、心を込めることはできません。
心が伝わらないと、毛筆を使って自分で書く人もいます。
しかし、手書きなら心が込められるので、毛筆tにこだわる必要はありません。
ボールペン字でも、筆で書いた文字と同じように、ボールペンでも心を伝えることはできるでしょう。
年賀状に毛筆が選ばれることが多いのは、心を込められるからだけではありません。
毛筆で書かれた文字は、和風のテイストです。
和風のテイストはお正月の雰囲気にピッタリですから、年賀状には毛筆が選ばれることが多くなるのです。
こうした考え方を持っていると、筆で書いた文字はお正月限定と考えるかもしれません。
しかし毛筆を使う手紙は、年賀状だけと決められているわけではありません。
普段の手紙に使うと、いつもと違う雰囲気になるでしょう。
例えば、結婚式やイベントに誘われて出席できない場合、ただ返信用のハガキに丸をつけて返すのでは忍びなくなるものです。
そうしたときに毛筆で詫び状を書けば、謝罪の気持ちも相手に伝えることができるでしょう。
また毛筆で文字を書くと、ボールペンよりもたったそれだけで格調高くなります。
少し格調高い演出を手紙に施したいときには、使って見ると良いかもしれません。
また、暑中見舞いや残暑見舞いに使うのも良いでしょう。
夏の暑さを忘れさせてくれるイラストとともに、流れるように筆で書かれていれば、それだけで涼を感じることができます。
筆で書いた文字は、お正月だけに限りません。
また、使い方を人から教えてもらうものでもないでしょう。
自分が使いたいと思ったときに、使うのが賢い使い方です。
さまざまな使い方を考えて、手紙を送るときには使ってみましょう。
筆で書かれた文字を見れば、相手が抱いていた印象も大きく変わるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です