手書きでより大人な感じに

一年の始まりには欠かせない風物詩といえば、年賀状ですね。頻繁に連絡を取るわけではないけれど、年賀状のやり取りをすることでお互いの現状報告をしているという間柄の人というのは、案外多いものです。毎年のことなので、内容にマンネリを感じている方も多いのではないでしょうか。一年に一度の便りだからこそ、少し気合の入ったものを用意したいですね。現代の年賀状事情は変化してきていて、郵便を使わずにメールなどで済ませてしまう人も多いようです。そのような場合は、風情というものがあまり感じられずに寂しいものかもしれません。やはり形に残る昔ながらのはがきに気持ちを乗せて届けたいものです。
はがきで年賀状を送る場合でも、今はお店に依頼して、自分の写真やイラストを本格的にはがきにプリントすることも可能です。オリジナリティあふれる年賀状を作ることが出来るので、特に若い人を中心に人気が集まっているようです。宛名書きが面倒だという場合は、それすら印刷を依頼することも可能です。どんどん、年賀状にかける手間と時間が短縮されているようです。
こんな時代だからこそ、少しだけ時間と手間をかけた年賀状に挑戦してみませんか。毛筆の手書きをしてみるという方法があります。毛筆は現代の生活ではあまり見られないものですが、それだけに受け取り手には新鮮に感じられるでしょう。いつもとおなじメッセージでも、毛筆の手書きなら印象が違って感じられます。毛筆の印象として、落ち着いた大人のイメージを持たせることが出来るので、上司などの印象アップも間違いありません。自分の字に自信がないという方でも、ほんの一言のメッセージだけでもいいのです。写真やイラストを印刷した年賀状に、毛筆の文字が入っているのは格好がつくので、長々としたメッセージを書き込まなくても済むという利点があります。年賀状の準備をする時間がない方にもこの方法はお勧めです。一目置かれる年賀状を今年は準備してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です